会社設立時に、「独自ドメイン」を取得すべき理由と注意点!?

会社設立時に、「独自ドメイン」を取得すべき理由と注意点!?

2021年2月20日

会社を設立後のホームページの作成で、
 ・独自ドメインを取得したほうがいいのか?
 ・取得する際の注意点
を知りたい。

こんなテーマに関する記事です。


法人設立に伴い、ホームページを作成する際には、
 独自ドメインを取得するかどうか
ということをどうするかを決める必要があります。

独自ドメインとは、ホームページやメールの
「〇〇.co.jp」「〇〇.jp」「〇〇.com」など
の部分を自社のオリジナルなものに設定するということです。

結論から言うと、法人のホームページを作る際は、
 独自ドメインを取得しておいたほうが良い
と言えます。

その理由は、
・会社の信頼性が増す
・メールもそのドメインでの設定ができる
・SEOの観点から独自ドメインのほうが良い

といった点があげられます。

各項目について、独自ドメインの取得方法と合わせて順に説明していきます。

スポンサーリンク

独自ドメインにより、会社の信頼性が増す

ホームページ制作 スタビジ

会社のホームページを取引先にお知らせする際や、名刺に記載の際に、
 「https://〇〇.co.jp」
といったすっきりとした表記になります。

ホームページは、名刺と同じように、会社の顔になりますので、見た目の大切になります。

独自ドメインの取得の費用も、年間千円前後~数千円程度ですので、大きな負担とはいえません。
レンタルサーバーの中には、ドメイン費用がレンタルサーバーの費用に含まれているものもありますので、その場合は、実質の負担も軽減されます。
(ドメインの費用については、本ページの下に記載しておきます)

途中で独自ドメインに変更するよりは、最初から独自ドメインを取得しておいたほうが良いと言えます。

独自ドメインを取得しない場合 

逆に、独自ドメインで運用しない場合は、例えば、
https://〇〇.com/〇〇〇/
というように、ドメインの箇所は、
そのサーバーを運営している会社のドメインになり、その後に、自社の設定した文字列が表記されます。

見た目はもちろん、ユーザーが手打ちしてホームページを閲覧する時も、面倒な状態になります。

メールも、独自ドメインでの設定ができる

ホームページ制作 スタビジ

独自ドメインを取得した際には、通常、
 ホームページだけでなく、メールアドレスにもそのドメインが設定
できます。

また、通常、複数のメールアドレスのアカウント設定ができますので、
 社員用のアカウントを複数設定する
あるいは、
 担当部署ごとに複数のアカウントを設定する
といったことができます。

但し、月額制のホームページのサービスの場合は、メール設定ができない場合が多いですので、利用されるサービスの内容を、事前にチェックしておきましょう。

レンタルサーバーのサービスの場合は、基本、取得したドメインでのメール設定をすることができます。

SEOの観点

ホームページ制作 スタビジ

SEOとは、
 ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで上位表示をさせるための施策
のことを言います。

独自ドメインでホームページを設定すると、SEO的にも、そのドメインで評価されます。

無料のホームページを利用する場合は、SEOの施策に限界がある上、コンテンツの充実などの施策を行っても、その無料のホームページのドメインの評価になってしまいます。

ですので、折角、SEOの効果があがるように努力しても、自社ドメインで運営していなければ、自社の資産になりえないと言えます。

注意事;;ドメインの所有権の問題

ホームページの制作会社に制作運営を依頼する際には、
 そのドメインの所有権が自社にあるかどうか
を必ず確認しておきましょう。

場合によっては、先に、自社でドメインを取得することを行ってから、制作会社にホームページの制作のみを依頼する流れでも良いです。

制作会社によっては、ホームページの運営を継続的に依頼を受けたいがために、その制作会社がどのドメインの所有権を持つようなケースもありますので、注意が必要です。
そのような場合は、将来的に運営先を変更する際に、トラブルに発展する可能性があります。

独自ドメインの取得方法について

ホームページ作成 スタビジ

独自ドメインの取得方法には、
 A;ドメインのみ取得できるサービスを利用する
場合と、
 B;レンタルサーバーのサービスのひとつとして、ドメインを取得する
という方法があります。

通常、ホームページの運用にはレンタルサーバーを使いますので、そのレンタルサーバーのサービスで、ドメイン取得が行えるのであれば、そのほうが管理上、便利ではあります。

また、会社によっては、レンタルサーバー費用の中に、ドメイン費用がセットになっているものもあります。

もちろん、ドメインのみ取得できるサービスを利用しても、他のレンタルサーバーでそのドメインの設定ができます。

co.jpドメインについて

co.jpドメインは、法人専用のドメインになります。

通常、
 登記前に仮登録でそのドメインをおさえておいて、登記完了後に、正式登録する
ということができます。

会社設立前に、co.jpドメインを取得する際は、下記ページに詳細を記載しています。

「co.jp」ドメインを、 会社設立前に登録することができるのかな? こんなテーマに関する記事です。 会社設立前に、「co.jp」ドメインを登録できるのでしょう…
www.stabusi.com

複数のドメインを取得しておく

例えば、
abc.co.jp
というドメインを予定している場合、念の為、
abc.com

abc.jp
といったドメインも取得しておくといったことがあります。
これは、ユーザーが、類似したドメインのほうを閲覧すると紛らわしいので、先に、類似したドメインをおさえておくという考え方によるものです。

ただ、ドメインの取得は、
早い者勝ち
になりますので、当然、先に他の人が取得してしまってるドメインもあります。

ドメイン名は、会社名と連動しますので、
会社名を決める際は、ドメインが取得できるかも含めて検討
しておくことも重要です。

また、例えば、検索エンジンで、自社の社名を検索したときに、仮に、
同業で同じような名前の会社のホームページが上位に表示される
といったような場合は、ややこしいことになってしまいます。

社名やドメインを決める際には、そういった点も考慮して検討されることをお勧めします。

参考;ドメイン取得サービス、レンタルサーバー

ホームページ作成 スタビジ

主なドメイン取得サービスやレンタルサーバーは、下記になります。

レンタルサーバー

【参考;レンタルサーバー】

■コノハウィング(ConoHa WING) ■エックスサーバー ■ロリポップ! ■さくらインターネット ■NTTPCのレンタルサーバー ■CPIレンタルサーバー(KDDIグループ) ■カゴヤ レンタルサーバー

ドメインの取得専用サービス

※通常は、上記のレンタルサーバーの管理画面から、ドメインの取得もできるようになっています。 
ただ、ドメインの取得のみ行いたい場合は、下記のようなサービスがあります。 

【ドメイン取得サービス】

■お名前.com ■ムームードメイン ■Xserverドメイン

独自ドメインについてのまとめ

ホームページ制作 スタビジ

法人の場合は、独自ドメインを取得することをお勧めします。

また、社名の検討時には、
 想定しているドメインが取得できるか

 現状、その文字列で検索した際に、どのようなサイトが表示されるのか
もチェックしておいたほうが良いでしょう。

また、取得するドメインが決まったら、comやjpなども念の為、おさえておくことも検討しましょう。

スタビジ