会社ホームページのテンプレートを使って、簡易にホームページを作成する

会社ホームページのテンプレートを使って、簡易にホームページを作成する

2021年3月30日

会社設立、法人設立時の「会社ホームページ」を作成する際、自社で対応する場合、
テンプレートを使って簡易に作成する
という選択肢があります。
その場合の注意点について説明しています。

テンプレートと呼ばれるデザインパターンが予め決まっている仕様のものを使えば、制作コストを抑えることができます。
特に、会社設立、法人設立時のホームページの制作では、コストを抑えたい事情もあります。

ホームページのテンプレートとしては、大きくわけると、下記の3つがあります。

1.HTMLテンプレート
2.CMS(コンテンツマネジメントシステム)向けのテンプレート
3.サービス会社独自のテンプレート


それぞれについて説明していきます。

スポンサーリンク

1.HTMLテンプレート

HTMLとはホームページに表示させるための記述言語のことです。
このHTMLの状態のテンプレートを使用する方法があります。
例えば、下記のようなサイトで無料のHTMLテンプレートを入手できます。

無料レスポンシブHTMLテンプレート

テンプレートNo.001タイプのマニュアル – 商用利用可能な無料ホームページテンプレート・WordPressテーマ | スマートフォン(iPhone、Andr…
f-tpl.com

但し、内容を変更、修正する際に、
 ・HTMLの知識が必要
 ・作業を効率的に行う為にHTML編集用ソフト(有償)を使用する場合が多い
 ・問合せフォームやサイト内検索機能を付加する際に、プログラムの知識が必要

といった注意点があります。
ですので、結構、手間がかかってしまいます。

2.CMS(コンテンツマネジメントシステム)向けのテンプレート

ブログをつくるような形で、ホームページを運用することができます。
その際は、
CMSと呼ばれるコンテンツマネジメントシステム
を使用します。
代表的なものに、
 ワードプレス(wordpress)
があります。ワードプレス(wordpress)の本体は無料で使用できます。

こういった人気のあるCMSには、無料、有料を含め、多くのテンプレート(テーマと呼ばれる)があります。
CMSは、レンタルサーバーに設定(インストール)して使用します。レンタルサーバーの中には、簡単に設定できる仕様のものもあります。
サーバーにワードプレス(wordpress)を設定(インストール)した後は、CMSの管理画面でテンプレートを含め、サイト内の各種設定を行う手順になります。ワードプレスのテーマは、下記サイトで確認できます。

あなたの WordPress サイトにベストなテーマを探しましょう。何千もの美しいデザイン、幅広い様々な機能・カスタマイズオプションなどから選べます。
ja.wordpress.org

個人のブログ向けの他、企業のホームページにも使えるデザインもあります。
会社向けにも使えるもの、あるいは、ブログ用を会社向けにもカスタマイズして使えるものを選びます。

また、
 ・SEO対応
 ・スマートフォン対応(レスポンシブ)
 ・検索機能(物件検索)
 ・レイアウトなどデザイン面の拡張性

もチェックして選択すると良いでしょう。

プラグインという後付けの機能で対応できるものもありますが、あまりプラグインを多く使うと、
 ・表示が遅くなる
 ・どのプラグインを使えばいいのかを調べるのに手間がかかる
 ・テンプレートと相性の悪いプラグインもある

などのデメリットもあります。

例えば、SEO対策が予め設定されているテンプレートですと、有料でも、SEOの設定方法を調べたり、設定自体の手間が省けます。

また、あとでテンプレートを変更することも可能ですが、その際に、文字修飾やオリジナルのボタンなど
そのテンプレート独自の設定箇所
を移行することはできませんので、注意が必要です。

また、有料のテンプレートを選ぶ場合、追加オプションが別料金の場合もありますので、チェックしておきましょう。

有料のテンプレートの場合、
1ライセンスの購入で複数サイト使える
ものや、
サイトごとに費用が発生する場合
など、ライセンスの形態が異なりますので、あわせて確認する必要があります。
デザインの好みと機能面、価格など総合的に判断して検討しましょう。
もちろん、無料のテンプレートでも良いものもあります。

3.サービス会社独自のテンプレート

Wixや、JImdoなど、最初からテンプレートを用意して、そこから選択するサービスの場合、それぞれのサービス提供会社独自のテンプレートになります。
その場合、
シンプルなものが多いので、機能面の拡張性(絞り込み検索など)が難しい場合が多いです。事前にチェックしておく必要があります。

【参考】 

■ペライチ [日本]

■Bindup(バインドアップ) [日本]

■Ameba Ownd(アメーバオウンド) [日本]

■STUDIO(スタジオ) [日本]

■Wix(ウィックス) [イスラエル]

■Jimdo(ジンドゥー) [ドイツ]

■Webnode(ウェブノード) [スイス]

■関連ページはこちら ▼

会社設立時に「無料のホームページ作成サービス」を利用すべきか?!
会社設立時に、 無料のホームページのサービスを使った場合の注意点について知りたい。 こんなテーマに関する記事です。 「会社のホームページ」を作る時に、 無料ホー…
www.stabusi.com

以上、ホームページ テンプレートについての説明でした。